MENU

スマドラのピラセタムの効果ってすごい?本当に頭が良くなるの?

 

ピラセタム

 

ピラセタムを買う前に効果について色々調べてみました。

 

ピラセタムは、スマドラ(頭の良くなる薬)の中でも最も有名な薬です。

 

理科の授業で習ったので、なんとなく覚えている人もいるかも知れませんが、脳は電気信号を使って情報を伝達して処理しています。

 

ちょっと小難しい話になってしまいましたが、その伝達する信号のことを神経伝達物質(アセチルコリン)と呼ばれているそうです。

 

この神経伝達物質(アセチルコリン)と呼ばれるものが足りなくなると、脳の機能が低下してしまいます。

 

あなたはこんな症状を感じていませんか?

 

外から入ってくる情報をうまく処理できなくなってきた・・・

 

考えがまとまらない・・・

 

集中力が無くなってミスが多くなった・・・

 

このようなことが気になるようであれば、脳の伝達機能の低下が考えられるかもしれません。

 

ピラセタムは脳内のアセチルコリンの濃度を高めるために開発された薬です。

 

もともとは、アルツハイマーの治療薬として開発されていたそうです。

 

アルツハイマーという病気も、脳内神経伝達物質のアセチルコリンの濃度が低下している事が原因だと考えられています。

 

このピラセタムを、普通の人が服用した所、記憶力や意欲の増進に効果あることが報告されました。

 

そのことが評判になり、一般の人も使用するようにっていったのです。

 

ピラセタムを使用すると、伝達が良くなるため大量のアセチルコリンが必要になります。

 

ピラセタムの効果を向上させるために、アセチルコリンの原料となるコリン/レシチンを併用するのがおすすめです。

 

ピラセタムは即効性はなく、効果を実感するまでに2週間以上は必要なので、すぐにあきらめてしまわない事が大切です。

 

ピラセタムの強力版のアニラセタムもあります。

 

即効性を求めているなら、ビンポセチンやバソプレシンがおすすめ!

 

ビンポセチン ピラセタム

このページの先頭へ