MENU

スマドラのピラセタムって危険なの?副作用は大丈夫?

ピラセタム

 

スマドラのピラセタムを、購入する前に気になるのが副作用ですよね。

 

ピラセタムは、安全性が高いのが特徴で副作用は、ほとんどないと言われています。

 

スマドラ初心者が、ピラセタムを選ぶ人が多いのも、副作用が少ないからというのもあると思います。

 

ピラセタムは、効果を感じられるようになるまで、2週間以上かかるので即効性は期待できないスマドラではありますが、副作用がほとんどないメリットがあるのでとても人気があります。

 

私もピラセタムを毎日飲んでいますが、これと言って副作用を感じたっことがないです。

 

しかし、まれに副作用を感じる人がいます。

 

どのような副作用の症状があるのかというと、不眠、眠気、頭痛、胃痛などをがありますが、、あったのしても穏やかで一時的なものだそうです。

 

ピラセタムを単体で、飲んでいると副作用の症状があらわれることがあります。

 

その原因はコリン/レシチンが不足してしまったためです。

 

ピラセタムは、脳でアセチルコリンの放出をよくして、記憶力が高まり、細かいことに気がつくようになるなどの効果があります。

 

そのため、大量にアセチルコリンを消費するために副作用として感じるのです。

 

コリンを1回服用すると、副作用の症状は軽減されると言われています。

 

ピラセタムとコリンの併用は、副作用を軽減できるだけでなく、効果も高まるのでおすすめです。

 

ピラセタムは単体で服用するよりも、コリンはもちろん、DMAE、ビンポセチンなど他のスマドラと併用することで効果がさらに向上するといわれているので、色々な組み合わせを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

初めての場合は、ピラセタムとコリンの併用がおすすめ!

 

 

ビンポセチン ピラセタム

このページの先頭へ