MENU

ビンポセチンの効果がすごい!脳の情報処理を瞬時にしてくれるスマドラ!

 

ビンポセチンは脳内の血液循環を改善させる薬で、脳梗塞の後遺症や痴呆症に効果があります。

 

脳の代謝を促進することから記憶力を増加する作用がみとめられスマドラとして人気です。

 

脳の血流を改善し記憶力や、情報を瞬時に判断し適切に処理する能力をアップさせる効果があります。
またビンポセチンは血液の流れが滞(とどこお)ることで発生する、耳鳴りにも効果的と報告されています。

 

ビンポセチンは食事と一緒に服用すると吸収されやすい。

 

スマドラ,ピラセタム,ビンポセチン,効果,併用

 

年を取るとノルアドナリンの神経が減るので集中力、注意力、情報処理能力のスピードが遅くなるのですがビンポセチンを摂取する事で脳の活動が高まる。

 

イギリスのヒンドマーク博士は、中程度の認知障害者203人にビンポセチンを1日30-60ミリグラム摂取するグループと、同量の偽薬を摂取するグループに分けて16週間治験を行ってもらいました。その結果、ビンポセチン摂取者は偽薬摂取者にくらべ、認知能力に著しい改善が認められましたが、副作用は見られなかったといいます。

 

また別の論文で同博士は、ある患者がビンポセチンを40ミリグラム摂取したところ、一時間後に記憶力が改善したと報告しています。

 

ビンポセチン ピラセタム

このページの先頭へ